結婚相手見つけ方|真剣な出会いの求め方

結婚相手の見つけ方を確認することで、出会い率をアップする行動を後押しします。

「 結婚相手見つけ方 」 一覧

合コンで結婚相手が見つかりますか?

03

結婚相手を見つけるのに、
合コンというのも、大事な出会い場だと思います。

メンバーさえ揃えることができれば、
いつでも気軽に飲みに行く感じで、異性と楽しく出会える。

しかし、合コンで結婚まで到達する、真剣な出会いがあるのでしょうか?


真剣な恋愛に発展しますか?

合コンは気軽で楽しくて、良いことばかりのように思います。
でも、真剣な恋愛に発展する可能性って、少ないのではないでしょうか。

既に恋人のいる人が合コンに参加していたり、
女性の場合は、単なる楽しい飲み会として、あるいは不足人員を補うために駆りだされた、っとか。

色々ありますが、
要は、結婚まで考えた真剣な恋愛、っという観点は
合コンをしている時点では、全く無いと言えます。

恋愛してじっくりと結婚まで進行したい、
っという余裕のある方は、何度も合コンを繰り返すことで、出会いの接点を積み重ねると良いでしょう。

割りと早めに結婚を望んでいるとすれば、
併用して、真剣な出会いがある場へ、出て行く必要があると思います。

それは、合コン以外で、です。


結婚相談所が注目されている

社会的に異性との接点が減少している、っと言われています。
それは、政府統計データの未婚数の増加となって、証明されているとも言えます。

ただ待っているだけでは、出会いがない時代
ましてや、結婚となると、自ら行動しなくては結婚出来ない時代だと、言われています。

だからこそ、就職活動と同じく、
婚活が重要となってくるのだと思います。

原始的な言い方をすれば、「異性獲得」のためには、
ガツガツと、積極的に自ら行動する人と、待っているだけの人では、
自ずと結果が見えてくる、ということです。

婚活に男女は、関係無いですよね。
男だけではなく、女性も30代になっていれば、自ら積極的に動き出さないと、結婚出来ない時代です。

だからこそ、結婚本気度の高い男女の集団となっている、
結婚相談所に頼る人が多くなっているのでしょう。


まとめ

合コンは大事な出会いの場なので、
同時進行して、結婚相談所を利用するのは、早く結婚に行き着くためには、とても大事なことだと思います。

結婚に対して前向きでかつ、相談所の費用約30万円を支払う能力があり、
身元が分かる書類を何種類も提出している。

これって、選び放題な感じですよね!

女性から見ると男性の年収は、非常に重要なスペックの一つだと思います。
よく言われるのが、600万円以上の年収。

できれば、1,000万円の年収を希望ということ。
相談所の会員は、ゴロゴロいます。

逆に男性からみると、女性は若くてルックスがキレイな人が良い、
っと希望しますよね。

フリーアナウンサーから、自営の美容系経営者、CAなどの航空関係者は、
まさに男性がアプローチしたい女性の象徴です。

こういう女性が、相談所には、沢山いるんです。
知らないと損をするとは、まさにこういうことを言うのだと思います。

結婚相談所は、以下の順で入会するとよいです。

資料請求する⇒勧誘の電話
⇒店舗へ無料カウンセリング⇒比較検討して入会

結婚相手を見つけるにはお見合いが良いですか?

02

結婚相手を見つけるには、
自然な出会いから恋愛を通して、結婚となるのが一番理想ですよね。

でも、なかなか理想通りの出会いや恋愛は、
難しいですよね。

そうなると、婚活サービスを通して、出会いの数を増やす必要があるのだと思います。
具体的には、どうすればよいのでしょうか?


昔の人の結婚は?

いきなり、「昔の人」とか持ちだして、
どうしたんだ!っと、思ったかもしれません(笑)

まぁ、読み進めてみてください。

昔の人の結婚は、お見合いで紹介された人と、
よく知らないのに結婚した、というはなしは良く耳にします。

その時代は選択肢が極端に少なかったでしょうから、
今と比較するのは公平ではないと思いますが、物事の本質を表しているとも受け取れます。

つまり、何が正しいのかということは、
やってみないと分からない、ということでは無いでしょうか。

全く考えもなしに、いきなり結婚することが良いということではなく、
あまりにも理屈で考えすぎ、その考えが、結婚を遠のかせているということは、ないでしょうか。

ここで言いたいことは、
お見合いというのは、結婚意識が高い人同士が会うので、
非常に有効ですよね、ということです。


婚活サイトや婚活パーティーでの出会い

婚活サイトや、婚活パーティーでの出会いがあれば、
それはそれで良いことだと思います。

結婚するのに、出会いの種類は関係無いですからね。

でも、最短で結婚することを考えた時に、
婚活サイトや婚活パーティーって、ちょっと時間が掛かり過ぎるという感があります。

結婚相談所のように、公の身分を証明する書類を提出しているわけではないですし、
収入証明も独身証明もなし。

もしかして、彼女、彼氏がいるのに、
友達の付き合いで、遊び感覚の人が来ていることもあるわけです。

なので、ホントに結婚したいという感じではなく、
恋人ができればいいな、程度のライトな感じで参加していることが多々あります。

これはこれで出会いの一つなのですが、
やはり結婚相談所は入会しておきたいですよね。


結婚相談所への入会手順

私も結婚相談所へ入会して、本格的な活動をしていましたので、
その体験談の手順を書いてみますね。

まず、大手結婚相談所だけでも、約15社ありますので、
どこに入会すべきか、迷いますよね。

ネットで検索して調べても、なかなか、これ!っといった
スキッ!っとさせてくれるように、ピッタリ来る情報には尋ねあたりません。

もちろん、ネットでの情報も大事です。
なので、ネットから申し込みできる、結婚相談所の資料請求を行いました。

私は7社に申し込みしたのですが、
7社のサイトをそれぞれ調べて、個人情報を7回も入力するのはとても面倒で、
手間がかかります。

そこで、ズバット!っという、
一括で最大10社の大手結婚相談所に資料請求できるサービスを利用しました。

便利ですね!

資料請求が終わると、
資料到着の確認電話と共に、店舗への無料体験や無料カウンセリング
勧誘されます。

予約を取り、7社とも店舗で話を聞きました。


まとめ

結婚相手を見るけるという意味では、
出会いはどこでも良いのでしょうけど、確率的に一番効率がよく最短なのは、
結婚相談所だと思います。

店舗へ無料相談に行くと、
大体、自分とマッチングする異性がどのぐらいの数いるのかを、
体験させてくれます。

それと同時に、どのように婚活すべきかの、アドバイスも貰えます。
婚活のナマの情報ですから、とても貴重です。

早く結婚相手を見つけるのであれば、
まずは資料請求からスタートすると良いと思います。

婚活で結婚相手は慎重に選ぶべきですか?

weddings1

婚活で結婚相手を選ぶ際は、
慎重に選ぶべきなのか、ある程度勢いが大事なのか、
どちらだと思いますか?

もちろん、正しい答えなどありません。
私は、勢いが大事なのではないか、と思っています。

慎重にお相手を選ぶのは、ダメだと言っている訳ではないです。
行動できなくなるのが、問題だと思っています。


失敗したくないという不安

誰もが思いますよね、失敗したくない、っと。
そういう不安が大きくなると、不安に動機づけられた判断をするようになります。

結婚というのは本来、
お互いの信頼や、お互いの未来への希望に動機づけられているべきでは、無いでしょうか。

それなのに、不安が判断の中心になっている。

心理学的に言うと、人間は自分の信念や動機を、
行動することによって、より強化するようにできているそうです。

つまり、不安が動機となった判断は、
さらなる大きな不安を引き起こすということになります。


結婚相談所のアドバイザー

私は結婚相談所に入会を決める前は、
複数の相談所に資料請求を行い、実際に店舗へ出向いて話を聞いて、その後、決めました。

30万円という高額な支払いですから、
しっかりと自分の耳で聞いて、体験して、自分が感じた直感に従って入会しようと思ったからです。

全部で7件の相談所への無料相談を通して、
アドバイザーが共通して教えてくれた事があります。

それは、理想はあくまでも理想であり、
実際の結婚するお相手とは違う、ということです。

特に女性の場合、かなり具体的に理想の男性像を持っている場合が多いようです。

しかし、その理想にこだわっていると、
お見合いまで到達しない場合が多々ある。

条件でのみ、選り好みをしてしまう、とういことです。

そこで、アドバイザー(あるいはコンシェルジュ)が、
スペックから言っても遜色ないから、とりあえず会ってみて、っと強く勧めるのだそうです。

(もちろん、根拠のある理由で、お見合いを勧めるわけです)

そうして、実際に男性と会うと、
頭で想像していた理想とは違うものの、お互いに気に入って成婚するケースも多々あるようです。

つまり、何が言いたいのか?


その理想の根拠は何なの?

理想の男性像を頭のなかで描いている、
そして、などもそのイメージを反芻していると、そのイメージ以外は排除しようとします。

しかし、そもそも論として、
その理想の根拠は何?っと聞かれると、単なるあこがれであったり、
友達の話からいいな、っと思った感じとか、漠然としたことが多々あります。

つまり、自分の人生の生き方に根ざした理想とかではなく、
周りの人によく思われたいとか、そういう事が多いみたいですね。

だからこそ、あまり頑なに理想にこだわるのではなく、
まずは異性と会ってみる。

お見合いを重ねてみる。
そういう中から、良い出会いに巡りあうのではないでしょうか?

婚活は、頭で理想をイメージしてうまくいくものでは、ないですよね。
まずは、実際に人と会ってみる。
どんどん行動してみる。

婚活では、この行動の差が、成婚の差になってくると言います。


まとめ

婚活でのお相手選びは、慎重すぎるのは考えもの、
ということです。

結婚相談所は、書類の提出が義務付けられていて、
身元がしっかりしており、さらに、30万円という高額な支払いをする能力がある人の集まりです。

ある程度の身元は、このフィルターを通して、担保されているということになります。

つまり、婚活パーティーや婚活サイトのように、
訳の分からない異性を相手にしている訳ではない、という安心感が根底にあります。

ですから、既に身元も担保された環境ですから、
あまり慎重に考えすぎず、早く良い相手と成婚するために、
どんどん積極的にお見合いを重ね、多くの異性と出会いをススメたほうが良いと思います。

そういう意味での慎重さは、不要ではないでしょうか。

あとは自分自身の直感が、
正しい方へ導いてくれて、結果的に正しいお相手選びになるのだと思います。

やっぱり、結婚相談所での出会いは、安心感がありますよね。

地方の婚活は結婚相談所の入会で結婚出来ますか?

Doylestown-wedding-photography-18-of-66

結婚したいけど、地方住まいなので、
なかなか出会いがないという方は、多いことでしょう。

大都市圏だと人口が多いことから、
パーティーやイベントが数多くありますが、地方だと難しいですよね。

そんな場合は、結婚相談所への入会
一番の近道になるのでしょうか?


婚活パーティー

気軽にパートナーを見つける手段として、
婚活パーティーがあります。

都市圏では、数多く毎日でも婚活パーティーがありますが、
地方では開催回数が少ないのが現状です。

でも、全く無いという地方のほうが少ないと思いますので、
異性との情報接点を多くすることで、出会いの数は確実に増えます。

最短で結婚を考えているのであれば、
直接的には出会いになるのか分かりませんが、婚活には役立つと思い参加したほうが良いでしょう。


やっぱり結婚相談所

結婚相談所は、その名の通り、
結婚したい男女が集まる場所なので、結婚への本気度がとても高いと言えます。

また、結婚相談所へ入会する人は、
だいたい1年以内の成婚を目指していてるので、婚活サイトのようにダラダラとメールのやり取りをしません。

基本的に、当初の目的は「お見合い」です。
つまり、結婚を前提にして、お互いに会うということです。

若い人は恋愛からの結婚もありでしょう。
時間的な制約がない分、じっくりと婚活に取り組めむ事ができます。

しかし、30代をすぎると
男女を問わず、じっくり恋愛などと言っていられません。

特に女性は、出産という肉体的なタイムリミットが迫っているので、
結婚を急ぐ方は多いのではないでしょうか。


まとめ

地方、都市圏を問わず、
早く確実に結婚への近道をするのであれば、婚活サイトや婚活パーティーといった
ライトな感じのサービスは、補助的に考えたほうが良さそうです。

婚活のメインストリームは、
やはり結婚相談所に任せるのが、一番安心です。

具体的には、まずは結婚相談所への資料請求を行います。
できれば、複数社の相談所の資料を取り寄せ、比較検討をします。

その後、各相談所から、
電話でお店での無料相談に勧誘されますので、ぜひ行ってみると良いです。

ネットで調べただけでは分からない、
婚活の現場で起きている濃い情報を教えてもらうことができます。